スキマスイッチ

« イヴイヴ | トップページ | EXISTAR »

良かれと思って

大橋卓弥 with Drunk Monkeysツアー本編及び+α、全行程無事(?)終了。
というわけで、ネタバレ解禁だー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のツアーについて、人それぞれ意見や感想はあると思います。でも今日はそんなこと書くつもりでココに来たんじゃないから書きません。
今日書こうと思ったのはね、合間で歌われた洋楽のカバーのことなんです。
曲数が足りないからと歌われたカバー曲。「自分が歌いたかったから」というただそれだけの理由での選曲だったため、あまりにマイナーな曲ばかりになっちゃってどこの会場でもイマイチ盛り上がらなかったと風の噂で聞いております。
北海道と+αでは反省してメジャーな曲歌ったみたいだけどさ・・・気づくの遅ぇよ(笑)。
結果「普段聞けない英語詞の曲聞けたからいっか」ぐらいにみんな思っているのではないでしょうか?
歌われたのは、
James Taylorの「Your Smiling Face」とTodd Rundrenの「I Saw the Light」、Mejaの「DO THE ANGELS HAVE A HOME?」の3曲。
今回のカバーコーナーについて、タクヤさんが「世の中にはたくさん楽曲があるのに、普通に知らずに生きていく曲も当然あるわけでしょ?だからこうやって歌うことでみなさんが曲と出会うきっかけになればいいなと思ってるんです。良かれと思ってやっていること」みたいなことを言ってたんですね。広島公演でだったと思いますが。
最初このコメントを聞いた時は、「なんと上からな意見だ!」と思ったんです。ウチ、普段洋楽聴かないから尚更に(洋楽についてのコメントはコチラ参照)。
が、3公演も参加するとマイナーな曲も知ってる曲に変わってくるわけです、当然のことながら。しかも、あの卓弥節全開で歌われるからそんなに抵抗もなくなってくるわけです。こうなってくると、「本家はどないなってんのじゃ?」となるわけです。
歌われた中でも、JTの「Your Smiling Face」がお気に入りでウチはまんまと本家の楽曲を探し出して聞きました。あぁ、聞きましたとも!タクヤさんが今ツアーで歌わなかったら間違いなくこの曲を知らずに暮らしていっただろうし、ましてやJTがどんな声なのかも知ることはなかったと思います。
そう考えるとアーティストってなんかすごく大切な使命を背負っているかのように見えてきて・・・タクヤさんに後光が差して見えてくるというか・・・合掌。
結局のところ何が言いたかったのかよく分からなくなってしまったけれど、ある音楽との出会いがまた自分には関係ないと思っていた音楽との出会いを呼び寄せることってあるんだなぁと思ったんですよ。これもまたアリだと。スキマからオーガスタに派生していってるのもその一種だと思いますしね。

とにもかくにも、これでソロプロジェクトも一段落。よかったね、頑張ったね。
以上をもって、やっこのソロ活動総括とさせていただきます!!(↑これで!?)

« イヴイヴ | トップページ | EXISTAR »

大橋卓弥&Drunk Monkeys」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良かれと思って:

« イヴイヴ | トップページ | EXISTAR »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ