スキマスイッチ

« ようやく | トップページ | 春ドラマつまみ食い »

辛抱が足りないとは分かっているんだ

いつもネタを取り上げるのが人よりワンテンポ遅れてしまっていますね。
しかし、ちゃんと公開日に解禁してましたよ。こういうとこだけはちゃんと流れに乗ってるという(笑)。

という訳で、「虹のレシピ」のPVについてのお話です。
まだご覧になられていない方は以下内容に触れており、更に個人的な解釈も載っけておりますので読まないようにしてくださいね!!
以下、ネタバレあり!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライブで初めて「虹のレシピ」を聞いた時から、『今回のPVはきっと可愛らしいものになるだろうなぁ』と瞬時に思いましたが、まさかこんな感じのPVになるとは思ってなかったです。当時はベタですけど、2人がコックさん姿で料理をしてる感じの画が浮かびました。それか曲のテーマがテーマなだけにレコーディング風景とかね。
子供たちに囲まれてワイワイした感じやほのぼのした感じ。とにかく雰囲気が良くてこっちまで自然と笑顔になります。そして、何度も繰り返し見たくなってしまいます。
ちょいちょい演技っぽい(演技だとは断言しない笑)ことはしてますが、普段の2人に近い感じで、しかも知ってるスタッフさんが映ってるからリアルに近いPVなのではないでしょうか?
ざっと見て「楽曲が生まれて、みんなに届くまで」を描いてるんだろうなと分かりまいたが、細かく見ていくと「なんで?」と思うことが何ヶ所か出てきたので、自分なりにこのPVの解釈をしてみました。
間違い大いに結構!ファーストインスピレーションで思いついたままを書き綴ります。

・冒頭の無数の時計について
1シーン、時計を映すところもあるのできっとあの時計にも意味があるのだろうなと感じ取りました。
で、あの時計はこれからスキマの曲を受け取るであろうリスナーたちそれぞれの時間軸を表しているのではないかと考えました。そんなたくさんの人たちのことを想いながら、スキマはあの部屋で日々楽曲を生み出しているのです。

・カラーボール(虹色のボール)について
「メロディーが降り注ぐよ」のところで(シンタさん、かなりおいしいわ笑)カラーボール=メロディーまたは曲のことなんだろうなと思いました。タクヤさんが指を鳴らすとカラーボールがポンと生まれてるし。
1人ひとりがそれぞれのカラーボールを持っているのも同じスキマの曲でも人によって捉え方が違うという意味でいろんな色になっているのかな?と。

・子供たちについて
いつもインタビューや日記などでスキマは比喩として楽曲を“子供”と呼んでいます。また、色とりどりのマントを身につけていることから子供たちもカラーボール同様にスキマの楽曲を表しているのではないかと思うようになりました。そんな子供たちに囲まれてスキマは楽しそうでした。

・・・と、散々持論を書き述べてきましたが、このPVのテーマがこちらに書いてあるんですよね。まぁ、当たらずとも遠からずと言ったところか。

子供たちに囲まれて演奏してるシーンがなんか好き。グッとくる。そして、2人が部屋に戻ってきて演奏してるシーンを見てちと泣きそうになりました・・・。
素敵なPVが出来ちゃったなぁ、これ。

« ようやく | トップページ | 春ドラマつまみ食い »

スキマスイッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152866/29249684

この記事へのトラックバック一覧です: 辛抱が足りないとは分かっているんだ:

« ようやく | トップページ | 春ドラマつまみ食い »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ