スキマスイッチ

« Augusta Camp2009~Extra~@さいたまスーパーアリーナ10/24 | トップページ | ストーリー »

劇団☆新感線「蛮幽鬼」@新橋演舞場10/25(ネタバレあり)

ライブの翌日はスキ友さんたちとスキマゆかりの地巡りをするのが通例になっていましたが今回は完全に自分の趣味に走りました。

091025_110646
INOUEKABUKI SHOCHIKU-MIX 劇団☆新感線「蛮幽鬼」を見に行ってきました!!

今まで劇団☆新感線の舞台はゲキ×シネでしか見たことがなかったので、せっかくこの時期に東京に行くのだからこの際生で見てやろうと!しかも堺さんが出てるとなれば迷いはなかったです。観劇なんて何年ぶりだろう?
初の新橋演舞場。かなり格式高い雰囲気を醸し出す場所で、場違いの場所へしかも一人で来てしまったと怖じけづきそうに・・・。チケット代だけでもヒーヒー言いながら買った人なのでプログラムも高くて手が出せませんでした。お客さんの質もなんだか違うような気がしました。客層は若い人から年配の方まで年齢層は幅広かったです。

さぁ、そんなこんなで初生新感線。以下ネタバレ大ありですのでこれから観劇に行かれる方はご覧になられないようお気を付けください!!

※以下、ネタバレあり!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すごく切ないお話でした。
人々の欲望が重なりあい、復讐が復讐を生み、誰1人幸せになることはなかった。
開演前、スクリーンに映し出されていた「蛮勇記」の文字が、開演すると「蛮憂記」となり、土門が仲間に復讐を誓った瞬間「蛮幽鬼」となる。やっとこのタイトルの意味が分かったような気がしました。

生で見る上川さん、堺さんはやっぱりカッコ良かったです。上川さんの存在感たるや。舞台に出てくるだけで空気がびしっとなるような気がします。台詞も体に響くような迫力がありながら明瞭。さすがでした。
堺さん演じる
いつも不気味な笑みを浮かべ、人を何のためらいもなく殺していくサジ。「壬生義士伝」の沖田総司を思い出しました。いつも笑顔なだけに時折見せる笑顔でない表情がより不気味に見え、本当に殺人鬼に見えました。とにかくものすごい悪役。でもこの役は堺さんのためにある役だと思いました。
サジの壮絶な最期。あのシーンが一番印象的だったかもしれません。
稲森いずみさんは、正直最初は「これ稲森さんがやる意味あるのかなぁ?」と思って心配しながら見てたのですが、大王になってから一気に雰囲気が変わってすごくよかった。カッコイイ!新感線に出てくる女性は大概男勝りでかっこいい。いつも見ながら憧れてしまいます。
でも、なんと言っても今回は早乙女太一。彼にヤラレタ。早乙女くんがかっこよすぎた。あれはオバ様たちハマる訳だわ。立ち回りも他の人と段違いに綺麗でダイナミック。まるで舞を舞っているかのよう。声もすごい通るの。立ってる姿だけで綺麗だなと思うし、周りの空気が凛としていると言っても過言ではない。
新感線の舞台ではお馴染みの役者さんたちももちろん忘れてはなりません。
橋本じゅんさん、相変わらず楽しませてくれますねー!コール&レスポンスのコーナーではじゅんさんの「なんぼの?」に対してお客さんが「もんじゃい!!」。
「任意か強制かと言われたら強制です!」「これやるまで芝居止めますからね?」「2階3階口パクしないー!!」
ここで一気に舞台上とお客さんが一体になったような気がします。最後は拍手をタモリさん風に切り、「本当にありがとうございました」と土下座。
連行されている時の台詞は「弁護士を呼んでください。お金がないので国選弁護人でお願いします。建設会社の社長に連絡させてくれー!」「最後に1つだけ言わせてくれ・・・坂井真紀結婚おめでとー!!まき・・・まき・・・真木よう子!!」
シリアスなお話なので今回は笑いの要素は少ないのかなと思ってたんですが、意外と序盤から笑わしにかかってたので拍子抜けでした。
上川さんもあんなに二枚目なくせして全力でやってくださるんですもの。ホレテマウヤロー!!(「パコと魔法の絵本」の浅野先生が大好物な私には嬉しい演出)
そうそう。大王が美古都とイチャイチャしてる時、堺さんが素で笑ってたような気がするんですよー。いつも口を開けて笑みを浮かべてる役だから自信はないんだけど。遠目から見ても肩が震えてたように見えたので。
確かにあれ、笑いをこらえるの大変ですよねー。(右近さん、グッジョブでした!!)

俳優さんたちの演技もさることながら、刀を握った時の音やお酒を飲み干す音など、役者の動きと効果音がズレることなく聞こえるのがすごいなと演技とは違ったところばかり感心していました。
最近コントをよく見るから、いわゆる“きっかけ”という部分も気にしながら見たりするのだけど結構難しいことだと思うんですよ。それをすごく細かい動きにまで付けているので、本当にすごいの一言です。
セットも大がかりでステージを回転させ、映像を挟みこみながらどんどん場面が転換。1か所でやってるとは思えないほどです。
今回初めて生で新感線の舞台を見て、改めてこの迫力は新感線唯一無二だなと感心し、やっぱりゲキ×シネの映像はすごいのだな!とこちらにも感心してしまいました。ゲキ×シネも生に遜色ないほどの迫力を届けてくれていましたもの。編集技術さまさまです。
でも、舞台には舞台の良さがあるからこそ(日ネタやハプニング、熱気や雰囲気もそう)、そういったところに魅了されてみなさん会場にわざわざ足を運ぶんだろうなぁと。舞台、またハマっちゃいそうです。

どうやら無事東京公演は終了したようです。残り大阪公演も怪我なく無事に終えられることを遠くよりお祈りしております。

091025_110925

« Augusta Camp2009~Extra~@さいたまスーパーアリーナ10/24 | トップページ | ストーリー »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152866/31940425

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団☆新感線「蛮幽鬼」@新橋演舞場10/25(ネタバレあり):

« Augusta Camp2009~Extra~@さいたまスーパーアリーナ10/24 | トップページ | ストーリー »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ