スキマスイッチ

« また逢う日まで | トップページ | Blue »

森見登美彦 「四畳半神話大系」

ハードカバーの頃からずっと気にはなっていたけれど文庫化されてもなお手は出さず、中村佑介さんがキャラクターデザインを手がけアニメ化されると聞いてますます興味は増したけれどそれでもしばらくは買うことを躊躇っていたが、先日某動画サイトで実際にアニメを見てその面白さにすぐさま本屋さんへ直行。購入と相なりました。
結果、このタイミングで購入したため文庫の表紙が中村さんのイラストになっていたのだから結果オーライである。

そんなこんなで、森見登美彦さんの「四畳半神話大系」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単に言ってしまえば、大学の二年間を不毛に過ごし、あの時あの選択をしなければ「薔薇色のキャンパスライフ」を手にすることが出来ていただろうと嘆き続ける青年のお話。
この小説自体がパラレルワールドのようになっていて、大学入学時に映画サークル、謎の師匠に弟子入り、サイクリングサークル、秘密機関とそれぞれの選択をした主人公の話が同時進行で進んでいき、最終話ではそれがすべて繋がります。
「俺たち、前にもこんな言い合いしてなかったか」と登場人物が言ってしまうほどに、4話ともに共通のシーンやワードが繰り返し出てくる。それこそデジャブかと思う。数ページ丸々前と同じ文章ということもあったので、そこは勇気を持って読み飛ばしてしまったほどである。
はっきり言ってしまえばどの選択をしたとしても、最終的には黒髪の乙女・明石さんとの恋が成就するというものになるのですが、その結末に繋がるすべてのきっかけは謎のおびただしい数の蛾の群れであって、「最後はこいつの謎解きがされるのだろうな」と思って読んでいたら案の定。まさかそんなオチだとは思ってもみませんでしたが。

相変わらず森見さんの作品に出てくる青年はダメダメで。でもそれが愛らしくて憎めないんですよね。不思議です。そして、それに相反するように青年が恋する乙女はとても可愛らしくて、それでいて自己のはっきりとした女の子なんですよね。そこがまた良かったりもします。
あと小津も憎めない奴で。最初は「なんだコイツは」と思って読んでいたのですが、なかなかどうしてコイツも可愛いとこがあったりして。でも実際そばにいたら絶対に近づきたくはないですけどな。
個性的なキャラクターが、テンポのいい語り口で生き生きと動きまわっていて、読んでいて気持ちが良かったです。森見さんの手にかかればこんなにも面白い表現方法で描かれるのですね?言葉のチョイスが面白いです。
私、あれ好きだったんですけどね。「これが小津とのファーストコンタクトであり、ワーストコンタクトでもあった」って台詞。どうやらアニメオリジナルだったようですが・・・。
原作も良かったですがアニメも一度見ていただきたいです。あのテンポは一度見たら病みつきになるかと。

« また逢う日まで | トップページ | Blue »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152866/34888845

この記事へのトラックバック一覧です: 森見登美彦 「四畳半神話大系」:

« また逢う日まで | トップページ | Blue »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ