スキマスイッチ

« 検索ワード2010年9月分 | トップページ | Documentary »

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

新橋演舞場に「蛮幽鬼」を見に行って早一年。彼が帰ってきました。
舞台を見た時から「ゲキ×シネになったら絶対に観に行く!」と決めていたので行ってきましたよ。ゲキ×シネ「蛮幽鬼」!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際舞台を見た時は席がステージから遠く、角度もあったことから客席からは見えなかった小ネタや俳優さんの細かい表情まで見える見える!!
目つきが変わったり、涙を流していたり、汗だくで演じているのもすべて克明に記録されています。
正直言って今回初めて気付くようなこともあったり。(土門の最期で美古都がキスしてたの知らなんだー、知らなんだー笑)これがゲキ×シネのいいところですよねー。
やっぱりサジ好きだなぁ。めちゃくちゃ嫌な奴なんだけど飄々とした感じが何故か憎めなくて。土門と同じようにサジも復讐が己のすべてで、復讐のみに突き動かされて生きてて復讐でしか自分の存在を示せなかったんだろうなと。切ないですね。
そしてやはり早乙女太一くんの華麗な殺陣に今回も魅了されてしまいました。素敵過ぎます。演出でスローにされたってその美しさは変わらず。素晴らしい!!
贅沢を言っていいならカメラアングルがいまひとつなシーンがいくつかありました。「え?今そこ映す?」みたいな。あと上映前の「蛮勇記→蛮憂記→蛮幽鬼」は必要だったと思いますよー。あれがあるのとないのとでは全然違うと思う。
そうは言っても生に負けず劣らずの大迫力で、同じ作品を二度楽しめた気分。当時のことを思い出しながら楽しめました。
今回は客席にオバ様方が多いなぁと思ってたら、そうか早乙女太一くんが出てるからなんですね?上映終わりで「太一くんあんまり出てなかったねぇ・・・」という声が聞こえてきました(笑)。
次回は「薔薇とサムライ」かなぁ。待ち遠しいです!!

« 検索ワード2010年9月分 | トップページ | Documentary »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152866/37055683

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ「蛮幽鬼」:

« 検索ワード2010年9月分 | トップページ | Documentary »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ