スキマスイッチ

« 懺悔 | トップページ | 七尾与史 「死亡フラグが立ちました!」 »

誉田哲也 「ストロベリーナイト」

久しぶりにブログをば。
手慣らしに最近読んだ本の感想をUPします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年連ドラ化され、ドラマを見て気になったので原作を買ってみました。
誉田さんって「武士道シックスティーン」とか「ジウ」を書かれてる作家さんなのですね。全然作品の毛色が違うので知らなかったし、知った時はかなりビックリしました。

SPドラマは見ていなかったので「ストロベリーナイトとはなんぞや?」というレベルでしたが、この本を読めばその謎が分かるし姫川の過去も詳しく知ることができる。
ドラマも観てた分キャラクターのイメージがしやすく読みやすかったです。しかもそれぞれのキャラが個性的ですからね。面白かったです。特に井岡。もう生瀬さんの顔しか浮かんできません(笑)。
姫川の捜査は勘とか想像が結果当たってましたというものが多いので謎解き的要素としては弱いような気がしますが(トリックとか考えなくていい分作者は楽かも笑)、まぁそんな刑事ものもたまにはありかと許されてしまうほど読後の爽快感はあるかな。
シリーズものなので機会があれば他のシリーズも読んでみたいです。

« 懺悔 | トップページ | 七尾与史 「死亡フラグが立ちました!」 »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152866/45563077

この記事へのトラックバック一覧です: 誉田哲也 「ストロベリーナイト」:

« 懺悔 | トップページ | 七尾与史 「死亡フラグが立ちました!」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ