スキマスイッチ

七尾与史 「死亡フラグが立ちました!」

死亡フラグとは?このページはなかなかに面白い(笑)。

続きを読む "七尾与史 「死亡フラグが立ちました!」" »

誉田哲也 「ストロベリーナイト」

久しぶりにブログをば。
手慣らしに最近読んだ本の感想をUPします。

続きを読む "誉田哲也 「ストロベリーナイト」" »

鈴木おさむ 「芸人交換日記~イエローハーツの物語~」

久しぶりに本を読みました。
前評判から泣けると好評で、「そんなに泣けんの?」と半信半疑で読み進めましたがまんまと泣きました。号泣です。鼻水もんです。
Twitterで「鼻水流しながら泣いたー」と感想をつぶやいたら、鈴木おさむさんから「鼻水をありがとう」とリプをいただいたくらいです(笑)。

まぁ本のタイトル通り、売れないお笑いコンビの2人が交換日記をしてコンビの将来を模索していく様子が描かれています。
この売れない感じとか、もがいてる感じとか、焦ってる感じとか、もう全部分かっちゃうんですよね。痛いくらいに。もちろん実際のところは本人たちにしか分からないのでしょうけど、お笑いにハマってから面白いのに売れてないコンビや解散していったコンビや、あるきっかけで一気に売れていったコンビとかいろいろと見てきましたから・・・。読んでる間もイエローハーツといろんなコンビを重ね合わせて読んでしまいました。
でもこれは芸人さんたちを一番近くで見てきた鈴木おさむさんだからこそ書けるお話なのでしょう。フィクションでありながらこの作品はフィクションとは言い切れないものがあります。
ただこの作品は芸人さんの話と簡単に括ってしまうのも難しいような気がします。最後にはすべてのものに通ずる何かが胸の中に残ります。

コンビって、相方って不思議な存在ですよね。愛おしい。
そして芸人さんはカッコイイ。

森見登美彦 「四畳半神話大系」

ハードカバーの頃からずっと気にはなっていたけれど文庫化されてもなお手は出さず、中村佑介さんがキャラクターデザインを手がけアニメ化されると聞いてますます興味は増したけれどそれでもしばらくは買うことを躊躇っていたが、先日某動画サイトで実際にアニメを見てその面白さにすぐさま本屋さんへ直行。購入と相なりました。
結果、このタイミングで購入したため文庫の表紙が中村さんのイラストになっていたのだから結果オーライである。

そんなこんなで、森見登美彦さんの「四畳半神話大系」を読みました。

続きを読む "森見登美彦 「四畳半神話大系」" »

荒木源 「ちょんまげぷりん」

読まない時は全く読まないくせに、読み始めると止まらなくなる性分らしくすぐさま本屋へ直行。
文庫本コーナーをふらついていると、『錦戸亮×中村義洋 映画化決定 今夏公開予定』の帯の文字に目が止まる。先日「ゴールデンスランバー」を見たばかりだったので「このタッグ間違いないなぁ」と確信する。
タイトルが「ちょんまげぷりん」・・・なんじゃそりゃと思いつつ、裏のあらすじを読んでみる。
1人、本棚の前でにやつく。これは面白そう!!即購入決定!!

続きを読む "荒木源 「ちょんまげぷりん」" »

伊坂幸太郎他 「蝦蟇倉市事件1」

久々にハードカバーを買いました。アンソロジーも初めて読むかも。
「蝦蟇倉市事件1」を読みました。

続きを読む "伊坂幸太郎他 「蝦蟇倉市事件1」" »

井上慶著 「ライセンスの9年本」

「ライセンスの9年本」、やっと読み終えました。
当初は感想を書き残すつもりはなかったのですが、今どうしても書き残しておきたい想いがあってパソコンに向かっている次第であります。
という訳で、今回のカテゴリーは「お笑い」ではなく「本棚」です。

続きを読む "井上慶著 「ライセンスの9年本」" »

堺雅人 「文・堺雅人」

発売日に早速買ってまいりましたよー。

090904_224656

まだ読んでいないのですが。

続きを読む "堺雅人 「文・堺雅人」" »

神永学 「心霊探偵 八雲1」

石田さんのブログを遡って読んでいたら無性に本が読みたくなったので(笑)、神永学さんの「心霊探偵 八雲1」を読みました。

200711000014_2

この本は友達に勧められたのだけど、勧められたのが飲みの席だったため友達も酔ってたしウチもウチでうろ覚えなので、本当に友達が勧めていた本がこれなのかは定かではないけれど(ヲイヲイ)、シリーズ本なので本屋に行くと平積みされているし、表紙の絵もカッコイイので気になる存在ではありました。
それにしても、あっという間に読めてしまいました。夏休みの読書感想文にはもってこいなのではないでしょうか?小学生とか中学生が好きそうなストーリーだし。
死者の魂が見える八雲。このキャラ設定はなかなか良い。だけどストーリー展開がワンパターンで少し面白みに欠ける。
主人公は死者の魂が見えるだけで除霊だのの類は出来ない設定なので、幽霊絡みの事件ではあるが最終的に黒幕は生きた人間。解決するのにもひたすら行動あるのみのミステリー作品。思てたんと違ぁーう!(笑)
でも、まぁ読書のリハビリには適当な作品でござました。

東野圭吾 「名探偵の掟」

今、読みたい本がたくさんありすぎてどれから読もうかと悩むほどです。一時前までは興味を惹く本に巡り合えないで困っていたというのに・・・。
とりあえず、読みたい本を片っ端から大人買いしてみました。ちょいストレス発散。

東野圭吾さんの「名探偵の掟」を読みました。これ、ドラマ化されるんですよ。馬場さんが主題歌歌うってんで知ったんですけどね。

続きを読む "東野圭吾 「名探偵の掟」" »

より以前の記事一覧

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ